ファミリールーム暖炉付

​​遊休資産開発部

【AI自動応答による24時間管理体制について】

先ず初めに遊休地は手間がかかります。お客様の集客や、相談、遊休地管理を行う為には相当な人員が必要です。不動産業者も現状コロナ禍において人材を事務所に業務の為通勤し密接、密集を避け管理を行う為にはリスクを伴うので大幅に人員をテレワークに移行、減らしてますが、土地情報は24時間稼働させる必要があります、当然整備も待ってくれません。弊社ではAI(ロボットプログラム)による効果的な解決策を考案しました。お客様との対応は24時間AIコールセンターが対応受付を行い在宅・遠隔地で集金契約業務が可能になりました。また、弊社はパートナー会社、関連会社の駐車場集客支援システムも導入して遊休地、空き駐車場の管理まで隅々までサポートしてできる体制を構築致しました。草刈り、現地対応もギグワーカーさん(雇用されない働き方の方)と全国ネットワーク(人脈)で対応できるような仕組みを構築しました。

【機械式駐車場老朽化診断・適正化コンサルティング】

保守点検業者から高額(500万円以上)の途方もない高額修繕の見積もりが送られてきました。階段の錆、外壁の劣化摩耗・設備の老朽化が発生しているので交換、修理の繰り返しでは経営出来なく、この状態が取り壊すまで続き税金払ったら手残りほとんど無くなる方もご相談者様にいらっしゃいました。弊社ではどんな不動産、空き地でも約10年以上にわたり維持管理してきたノウハウがありますので、コンサルティングを無料で行い収益化を行い様々な物件を有益物件にし世代をこえて皆様のお役に立ちたい思い出本サービスを立上げました。