検索
  • matsumoto152

遊休地の駐車場運営

更新日:2021年9月1日

初期費用を抑えつつ、遊休地を活用する方法は駐車場経営です。

駐車場経営はどなたでも気軽に始めることができるといわれています。


もし自分で経営する場合は、まずはじめに整地を行う費用がかかります。駐車場経営の初期費用といってもほかの土地活用方法に比べたらかなり抑えることができます。

そして賃料はすべて自分の収入として入ってくるため、より多くの利益を手元に残すことができるでしょう。


一方で駐車場経営では法人に貸し出すこともできます。こちらの場合、整地をしたりなど必要な設備を導入する資金はすべて法人が行ってくれます。

集客までも担ってくれるため、運営に不安があるという人におすすめです。

ただ収益の何割かは法人に入れなくてはならないため、自分で経営をするのか法人に経営を任せるかによって一長一短です。

駐車場活用といっても大きく分けて2種類あります。

もし遊休地の周辺がオフィス街である場合は、月極駐車場のほうが向いています。

一方、商業施設が多く立ち並ぶエリアであれば、コインパーキングのほうが向いているでしょう。


土地にあった土地活用をすることで収益がだいぶ異なります。


周辺をよく分析し、どのようなタイプの駐車場を運営するのかを見極めることは駐車場経営において欠かせません。

簡単に始めることができる駐車場経営でも、まずは情報を収集することからはじめてみましょう。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示