検索
  • matsumoto152

遊休地は所有しているだけで税金が発生

遊休地は、所有しているだけで税金が発生してしまいます。

せっかく持っている土地なら、マ賢い運用をしていきたいですよね。

そこで今回は、遊休地にかかる税率や活用方法について見ていきたいと思います。


遊休地の固定資産税とその税率

①知っておきたいこと

土地は持っているだけではなく、管理をしていくことが必要です。

また固定資産税など税金が発生してしまうこともあり、放置しているとマイナス面しかないのです。

遊休土地としての通知を受けた場合には、1か月以内に利用計画または処分計画を届けなければいけません。

遊休地をそのままにしておくと、不法投棄など近隣の住人とのトラブル発生の可能性もあります。

そうすると土地の価値が大幅に下がってしまう心配もあります。

もし、所有している遊休地の立地条件が良く揃っているという場合には、賃貸住宅経営が向いているかもしれません。

賃貸住宅の経営では、初期投資額も重要なポイントとなるので貸し出すのもひとつの案かもしれません。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示