検索
  • matsumoto152

遊休資産の取扱い

更新日:2021年8月27日

遊休資産は会社に収益をもたらさないので、早い段階で売却を検討する必要があります。遊休資産は稼働休止しているので税務上の取扱いも問題となっています。

評価損を計上できるケースは細かな条件があり、遊休固定資産の税務上の取扱いには注意が必要です。決算での対策を考えるとき遊休資産は、節税として考える価値があります。そのための準備として、遊休状態にあったことを証明する資料を用意しておく必要がある。

稼動を休止している遊休資産であっても、必要な維持補修をしていた方が良いでしょう。いつでも稼動できる状態にある遊休資産については、減価償却資産に該当するからです。

遊休資産については、機械装置のほかにもソフトウエアのような形のない資産も含まれています。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示